産業保健師と言う職業

最近良く耳にする産業保健師という職業。この産業保険師は看護婦の資格と保健士の資格を持った人たちがなれる職種で、300人以上の企業は産業医を雇う必要があり、社員の健康管理やまたうつ病などの心の病気にも対応できるようにしなくてはいけません。

起業の中で社員が気持ちよく、またしっかりと売り上げを伸ばせるように働けるように、心身ともに相談に乗ったり、辛い時にはその気持ちに寄り添ったりと、看護師の仕事と違いカウンセリング的な要素が高いようです。

会社内での仕事なので定時に始まり、定時に終わると人気がある様で、看護師の資格を持った人たちが保健士の資格を取り転職するケースが多いようで、人気が出てきている職業と言えるようです。

産業保健師の転職サービス

産業保健士と言う会社の中で社員の健康管理を指導する職種。保健士の資格を持った人たちが出来る仕事ですが、冬になれば風邪を引かないように、また家族を亡くし悲しみくれている人にはそっと寄り添って心理的なサポートを行い、血圧が高くコレステロールが高いメタボの人に正しい食生活を指導したりと、様々な対応が求められる物です。

でもそれだけにやりがいのある仕事で、社員の健康管理を心身共にサポートする物です。看護師の資格を持った人たちが、その後保健士の資格を取り病院や介護施設などから転職をする人が多いとか。

どの様にして自分に合った企業を選ぶのか?最近はインターネットの転職サービスを選ぶ人が多い様です。中には専門のアドバイザーが付いて履歴書の書き方から指導してくれる所もあるとか。心強いですよね。

転職サービスで産業保健師の求人を探す

企業の中で社員の健康管理や、感情的な問題などに寄り添って社員が気持ちよく仕事をし、また社員が健康にしっかりと働く事で売り上げも伸び、会社として利益が上がっていくお手伝いをする産業保健師。色々と大変な仕事ですがそれだけにやりがいもある仕事です。

最近人気が出てきているこの職種、求人を探している人や転職希望の人も多い様です。しかしなかなかハローワークなどでは求人が出ておらず、しっかりと社員の立場となって働いてくれる人を探すためか、インターネットなどの転職サービスなどを通して求人をしているケースが多いとか。

産業保健師の求人募集・転職サービスの中には履歴書の書き方、また面接でのポイントなど有効な指導をしてくれる所もあるようで、利用している人が多くいるようです。